流山市 Mちゃんのお母さんより

>

英会話教室に通う前はこんなことを考えてました

「英語を覚えたい」というより、娘の世界観を広げてあげたいと思っていました。
でもそのために「アルファベットを覚える」などの、勉強のようなことはしたくありませんでした。
「とにかく楽しい!」と娘が思えるよな教室を探していました。英語に壁を作らず楽しめる教室を探していました。

「楽しい習い事」をさせたかった

他の教室にも体験で行ったことがあります。しかし「お母さんは教室に入れない」「レッスンは全て英語」「宿題がある」ところが多く、「楽しい!」という気持ちでレッスンを受けられる所に巡り会えずにいました。

そして社交性の部分が少し不安で「1人(子どもたちだけ)で教室にいることはできるかなぁ」と思っていました。「英語を勉強したい!」というより「楽しい習い事をしたい!」という気持ちだったので、娘に合う教室が少なくて大変でした。

成長が見える教室

他の教室は年齢ごとにクラスが別れていましたが、ここでは3歳〜6歳まで同じ教室でレッスンを受けることができるのが「決め手」でした。
クラス内で最年少の娘は年上の子たちに憧れ、真似をしながら成長しています。

通っていると普段の生活でもあふれる英会話

娘が「いま私 Grampy(ご機嫌ななめ) だよ!」と言ったときは笑いました。
マーカス先生の授業はいつでも耳に残るので、絵本や歌で習ったことは、時間が経っても覚えています。
数はいつの間にか20まで言えるのでビックリです!

娘の成長を感じる日々

恥ずかしがり屋の娘が、みんなの前で少しずつ自己表現が出来るようになってきました。
以前は「出来ない」や「失敗」に敏感ですぐに泣いていましたが、今ではゲームで負けても「失敗しちゃった〜!」と笑っています。
「チャレンジすること」「楽しむこと」「失敗しても大丈夫!」という気持ちをこのクラスで学び、精神面でもとても成長したと思います。

マーカス先生がどんな時でも優しく、面白いので、娘は先生が大好きです!




卒園児の保護者さんよりお手紙をいただきました!




体験入学希望やご質問などのお問合せこちらから。

By